2015年6月23日火曜日

カプースチンへの誘いVol.2のレポート!

先日ヤマハホールで開催されたコンサート、「カプースチンへの誘いVol.2」に行って参りました!!



豪華な出演者による豪華なプログラム。内容がぎっしり詰まった素敵なコンサートでした!

オープニング曲は、大塚茜さん(フルート)、金子鈴太郎さん(チェロ)によるデュオ。ピアノ学習者には馴染み深い、バッハのインベンション第4番(2声)と、ヴィラ=ロボスのフルートとチェロのための「ジェットホイッスル」の2曲がノンストップで演奏されました!

聴き馴染みのあるインベンションも、フルートとチェロで聴くと新鮮で楽しく、すぐに惹きこまれてしまいました!

前半のプログラムではフルートソナタop.125と、フルートとチェロのピアノのためのトリオop.86が演奏されました。

フルートソナタは、フルートもピアノも特に超絶技巧を要する一曲。お二人の渾身の演奏に聴き惚れていました。時折響くフルートの甘い旋律にもうっとり。

こちらはリハール時の1枚



会場のボルテージも上がったところで、お次はフルートとチェロとピアノのためのトリオ。
3人の演奏と会場の熱気が一体となって、本当に痺れる音楽でした!
楽しくてワクワクする曲でいながら、3人の結集した音楽のパワーを感じて、ジーンと感動してしまいました。




後半ではヴァイオリンの鎌田成光さん、チェロの唐沢安岐奈さん、川上昌裕氏のトリオで演奏されました。

プログラムは、ハイドンのジプシートリオとカプースチンのトリオ第1番op.136(日本初演)、更にアンコールでトリオ「Allegro」op.155が演奏されました!ひょっとするとこちらは世界初演だった可能性もありますね。

カプースチンばかりのプログラムだったので、ハイドンのトリオはここでは新鮮に感じました。(笑)
典型的なクラシック音楽に心地良く浸った後は、カプースチンのトリオop136!

初めて聴いたトリオでしたが、噂されていたように名曲であること間違いなし!!でした。カプースチンらしいカッコイイ和声やリズムに、これまでなかったような音形やユーモアに富んだ掛け合いなど、新発見も多く見られました。
雰囲気も前半とは打って変わって、重厚で内容の凝縮された音楽が3人を通して紡ぎ出されているようでした!

アンコールの「Allegro」は、ヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオのために書かれた小品。カプースチン自身が楽しんで書いたのかな?
と思わせるようなエッセンスが随所に見られました。難しく入り組んだように感じる音楽も、最後の1小節で打ち消されて思わずニンマリしてしまいました!(笑)


カプースチンファンにはなんともありがたいこの企画!!

終始楽しませていただきました。




2015年6月3日水曜日

6月21日は銀座ヤマハホールへ!!

カプースチン祭りから早くも1ヶ月。

今年も、去年に引き続きカプースチンの室内楽コンサートが開催されます。
特に今回注目なのは日本初演のピアノトリオ第1番!カプースチンの隠れた名曲として噂されていた一曲です!!今回のコンサートも大変貴重なものとなるでしょう・・・。


豪華な出演者に豪華なプログラム!!皆さまどうぞこの機会をお見逃しのないよう!!






川上昌裕と仲間たち vol.2


~カプースチンへの誘い~



2015年6月21日(日)

14:00開演



場所:銀座ヤマハホール



入場料 :全席自由 一般 ¥4,500円 学生¥3,000





川上昌裕(ピアノ)

 金子鈴太郎(チェロ)、大塚茜(フルート)、
鎌田成光 (ヴァイオリン)、唐沢安岐奈 (チェロ)

Program
カプースチン
・オープニング曲(当日のお楽しみ)

・フルートとピアノのためのソナタ Op.125


・フルートとチェロとピアノのための三重奏曲 Op.86



ハイドン

・ピアノ三重奏曲 第39番 ト長調 XV/25「ジプシー」



カプースチン
・ピアノ三重奏曲 第1番 Op.136 [日本初演]


チケットは、カンフェティ、もしくは、チケットぴあよりお求めください。